ヒューマンドキュメンタリー映画祭・阿倍野|コンテスト

ヒューマンドキュメンタリーコンテストは2016年をもって終了しました<2017年のコンテスト作品は募集していません>

プロ・アマを問わず、ドキュメンタリー文化を育むことを目的に開催を続けてきたヒューマンドキュメンタリーコンテスト。今では、当コンテスト出身の映像作家も誕生しています。全国各地から、毎年多数の作品が応募され、《阿倍野》がドキュメンタリストの発表の場として広がってきましたが、ヒューマンドキュメンタリーコンテストは2016年をもって終了しました。コンテストへご応募いただいたみなさま、ありがとうございました。さらなるご活躍を期待しています。

これまでのヒューマンドキュメンタリーコンテスト入賞作品

最優秀賞

「私たちは、【カラフト】を知らない。」(20分)
制作者:稚内北星学園大学樺太プロジェクトさん
日本最北端の町、稚内から見える島、ロシアサハリン。その島は、70年前まで日本でした。稚内に住む私たちは、その島の名前、「樺太」という漢字すら書けません。戦争を知らない私たちが、過去を知り、自らの住むまちを見つめ直すことで、どう変わっていくのか。戦後70年、樺太と私たちのお話です。

「軍属だったひいおじいちゃん」(17分30秒)
制作者:松本 日菜子さん
松本日菜子は、都内の大学に通う20歳。祖母、飯田尚世の家には、軍属だった曽祖父・眞柳照乎に関する資料が多く残されている。しかし、戦争経験もなく彼に会ったこともない松本にとっては、写真の中だけの遠い存在だった。ところが、殉職船員追悼式があると聞き、そこへ訪ねたことを皮切りに彼の死を巡る旅がはじまった。松本は親戚や過去の資料を調べたりしながら、彼の姿や当時の状況を徐々に知ることとなる。70年の時を超え、そ曽孫が亡き曽祖父に憧れ、たどり、寄り添いながら、“戦争”“軍属”について考える。

審査員特別賞

「子どもとママの居場所」(15分)
制作者:高田 詩織さん
「なんでこの人達笑っているんだろう」。重症心身障害児を育てる先輩ママを見て衝撃を受けた。
思い描いていた子育て生活との違いにとまどい、引きこもりがちだったが、同じ境遇のママたちと出会ったことで変わった。子どもが通う『放課後等デイサービス』を造ることを目的に集結したママ達だったが、いつのまにか自分達の居場所にもなっていた。
同じ悩みを抱え、共に乗り越え、将来を語り合うママ達の笑顔と強さがそこにあった。

↑ PAGE TOP

入賞

「感動がひとを動かす~市民第九合唱団の軌跡」(20分)
制作者:白石 拓也さん
※稚内北星学園大学 牧野竜二先生が代理でご出席されました。
日本最北端の町、稚内市に歓喜の歌が響きました。歌を奏でるのは、この日まで練習を重ねた市民たち。この物語の舞台である稚内や利尻島にいたっては、大きなホールはないし、指導者もいない。音楽環境に恵まれていない地方の住民が、自分たちのできる限りの努力をし、舞台に立つ姿を描くよう、心がけました。

「8年前を歩く」(19分49秒)
制作者:春名 美咲さん
私は中学一年生の時、いじめられ、それを理由に中学校を転校しました。私はそのことを、ずっと周りの人に隠して生きてきました。今年、21歳になった私は、自分と向き合うために、過去をたどる旅をすることを決めました。“嫌いな土地”だった岡山への再訪、当時の友達、学年主任の先生、そして、いじめの主犯格の女の子との再会を通じて、傷ついた過去とどう向き合うべきかを問います。

「20匹は生きている」(19分55秒)
制作者:須藤 菜々子さん
多摩川の河川敷で人間に捨てられた犬と猫、20匹と暮らすホームレスがいた。
毎日、空き缶を売って得たわずかな収入はほとんどドックフードに消える。自分の食事は一日一回。ひどいときは二日間、何も食べられないこともある。
しかし、それでもこの生活を続ける。
「見捨てられないから。」彼の理由はそれだけだった。

↑ PAGE TOP

<< 前のページに戻る

お問い合わせ・ご相談

ご相談やお問い合わせは下記へご連絡ください。
【ヒューマンDFプロジェクト/大阪事務局】
〒540-0037 大阪市中央区内平野町2-1-2 アイエスビル 4D(クリエイティブアイ内)
TEL:080-6180-1542 FAX:06-6945-1177


【ヒューマンDFプロジェクト/東京事務局】
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-7 青山Nブリックビル3階(いせフィルム内)
TEL:03-3406-9455 FAX:03-3406-9460

【メールにてお問い合わせ・ご相談はこちらをクリック→】
※メールフォームページへ移動します

↑ PAGE TOP